グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  学校概要 >  学校長 挨拶    

学校長 挨拶    


「全人教育」を目指して          敬愛学園高等学校校長 白鳥 秀幸

 学校法人千葉敬愛学園は、1926年(大正15年)創立者長戸路政司が建学の精神『敬天愛人』を掲げて設立した学園です。本校は、1953年(昭和28年)3月に千葉関東商業高等学校として設立認可され、その後、工業科を設置し、名称を千葉工商高等学校と改称。1995年(平成7年)校名を敬愛学園高等学校とし、現在は普通科のみの高等学校です。
 私立学校のいのちは、建学の精神にあります。本校の建学の精神は、創立者長戸路政司が尊敬していた西郷南洲(隆盛)の座右の銘としていた「敬天愛人」です。それは、常に謙虚で自己を厳しく律するとともに、広い心で自分と同じように他人をも愛することができる「真のやさしさ」を育むことです。
 「敬天愛人」は人の生きる究極の道であり、本校の教育の基本です。
 私たち教職員は、この創立者の建学の精神である「敬天愛人」を肝に銘じ、以下の教育方針を定めました。

 1 敬天愛人の理念に基づく「心の教育」に全力を注ぐ。
 2 「生きる力」の根源となる個性と能力を伸ばす教育を目指す。
 3 国際化・情報化社会に対応する教育を目指す。
 4 スポーツ・芸術活動を通して、丈夫な身体と健全な精神を育成する。

 本校は、「朝の10分間読書」と「日本語検定」に全校で取り組んでいます。AI(人工ロボット)の普及、大学入試も大きく変わる時代に、記述の問題に立ち向かう学習の基盤は国語力です。本校では学習の基盤づくりから学力向上を目指しています。総合的な学習の時間は、「探究」の視点を先取りし、修学旅行、卒業研究、地域と連携したキャリアセミナーを実施しています。
 希望者には、ニュージーランドにおける長期海外留学(2年生の1年間)、短期語学研修(夏季休業中の3週間)を用意しています。事前学習・事後学習も充実しています。
 本校は、「敬天愛人」の精神で、生徒の持っている可能性を最大限引き出し、これからの時代を生きぬく力を育んでいくことに教職員とともに全力を傾けています。生徒が充実した学校生活を送るために、地域に開かれた、地域から信頼される、地域になくてはならない学校づくりを目指しています。